MENU

転職を考える


20代と30代では大きな違いがあります。
自分自身でもはっきりわかることといえば、体力です。
個人差はありますが、年齢を重ねる程に落ちていくのが普通でしょう。

また、30代になると20代の頃よりは責任感が求められることが多く、社内での立ち位置も変わってきます。
その為、20代の時点で転職を行うことと、30歳の誕生日を迎えてから転職を行うことには大きな差が生まれるのが普通です。

まず、20代の時点で転職を行う場合のメリットは、多少の失敗なら取り返しがつく点となっています。
仮に転職活動が上手くいかない、新しい会社でも何となく居心地が悪いなどの事態に陥っても、リカバリーがしやすいのは若い時の利点です。

デメリットとしては、スキルを始めとして能力の面で劣ってしまう人が多いので、新しい会社で即戦力としては働けないケースもあります。

一方で30代の方は既に社会人として経験を積んでいるので、新しい会社では即戦力として期待される可能性が高めです。
体力の面では20代の方と比べて劣ってしまうかもしれませんが、普通に働くならば支障をきたすことは殆どありません。

しかし、デメリットも存在しており、仮にスキルの面で劣っているならば企業は若い方を採用する傾向があるのは確かです。
ある程度は能力などが完成されていないと、なかなか採用されないというケースも珍しくはありません。

20代のうちならば未経験の仕事であったとしても採用される可能性は十分にありますが、30歳になってから未経験の仕事をするのはなかなか厳しい道となっています。

どうして新しい勤め先を探すのか、それは人によって異なっていますが、現在の年収に満足しておらず給料UPを期待する方は多くいます。
現在の勤め先での人間関係に嫌気が差してしまう、残業が多いのが耐えられないというのも定番の理由となっています。
他にキャリアアップして、より自身の人間的な魅力を高めようとしている方も多く、この辺りは良く聞かれる動機です。

夢を諦めきれないから新しい業界に飛び込みたい、そのような方も少数ながらいらっしゃいます。
この動機と現在の年齢はあまり関係はありませんが、夢を諦めきれないのような理由がある場合は30歳からだと苦労することが多めです。
人によっては病気やケガに苦しんでしまう可能性も出てきますので、厳しい勝負となるのは間違いありません。
ですが、モチベーションを高く持ち続けられるならば年齢とは関係なく結果を出すことも十分に可能でしょう。

転職サイトを利用する


すぐに努力が実って、新しい会社から採用通知が来ることはあまりありません。
これは年齢とはあまり関係がなく、転職活動を行うならばある程度の時間がかかってしまうと覚悟しておく必要があります。
3ヶ月程度で新しい会社が決まり、就職できるならかなり早い方であり、人によっては半年以上の時間をかけても話が纏まらないことも珍しくはありません。

早い人ならば1ヶ月とかからず簡単に新しい会社が決まる場合もあるものの、やはりそのようなケースは稀です。
また、現在の仕事との折り合いを付けられるか、これは転職活動を行う場合に問題として立ちはだかってきます。

既にある仕事を疎かにするわけにはいきませんので、体力や精神力が求められるのは間違いありません。
そういう意味では、20代のような若い方が体力的な面で有利に話を進められるのは確かです。
30歳になってしまった方は、現在の仕事の量も非常に多く、そのせい就活が上手く進められないケースもあります。
その為、いかにして効率的に会社に応募するか、時間的な余裕を作るかが大きなポイントです。

この辺りの時間の使い方は普段の生活と関わってきますので、時間を作るのが苦手の方も多くいらっしゃいます。

一人でも効率的に応募していけるなら問題はないのですが、どうしても余裕がないならば転職サイトを扱うと簡単です。
エージェントの方が力を貸してくれるケースが多く、一人では上手くいかない場合でもエージェントの方を頼りに出来ます。
また、様々な会社に応募しやすいように作られていますので、時短の効果が見込めるのも大きなメリットです。
転職活動が上手くいっていない場合には、何が問題なのかというように悩みを抱えてしまうことも多く、特に一人で応募などをこなしているならばそのような感覚を持ちやすいでしょう。

何が問題なのかを客観的な目線で指摘してくれる方がいるのが、転職サイトの魅力の1つとなっています。
このようなサイトを使わなくても問題ないならともかく、一人の力では探し方に限界を感じている場合には利用してみるのも手です。

就活を行って就職を目指していた時、誰かのアドバイスを元に動いていた方は多く、一人で何でも出来たという方が稀なのは間違いありません。
就職が決まってから数年が経過すれば、スキルや能力は成長しているものの、会社に対する接し方については就活の時点からさほど変わっていない方も多くいらっしゃいます。
そのような方は便利なサービスの力を借りてみて下さい。

転職サイトの性質について


転職を行おうかと考えている方は多くいらっしゃるものの、地方によって差が生まれるのは間違いありません。
都会の方が結果が出やすいというわけではありませんが、求人情報の量は都会の方が多く、これは大きなメリットです。

逆に地方の方が苦労すると断言することは出来ませんが、選択肢が狭まりやすいので、理想的な仕事が見つからないこともあります。

また、スカウトやヘッドハンティングが行われやすいのも都会なので、地方ではそのような声がかからない可能性も高めです。
都会にお住まいの方が転職サイトを使うと良いのは勿論のこと、逆に地方に住まわれている方も転職サイトを活用した方が良いのは間違いありません。
都会で働いていたけれども、実家に帰らざるを得なくなって、今までとは勝手が違う環境で会社を探す方も多めとなっています。

30代になってからそのような事態に陥ってしまうケースは多く、慣れない土地で苦労して資金を無駄にしてしまうことも珍しくはありません。
地方で転職活動を行う理由は様々ですが、探し方が悪いと条件に合った会社が見つけられないケースも多く存在しています。
転職サイトを利用すれば、どのような会社が人材を募集しているのかが掲載されているので、時間を無駄にしなくて済むのが利点です。

ただ、デメリットも存在しており、転職サイトに掲載されていないところを全て切り捨ててしまう可能性があります。

実際には求人を募集しているにも関わらず、サイトには掲載されていないので募集は行われていないと勘違いしてしまうケースがあるのは確かです。
その為、転職サイトを利用する場合にまずチェックしたいのが、多くの会社をカバーしているかとなっています。

また、求人を出す側である企業の方も、全てのサイトに対して求人を出すわけではありません。
どのような判断で取捨選択を行っているか、それは企業によって異なっているものの、知名度や年齢層などが主な判断材料です。

やはり、多くの方が登録されているサイトの場合は多くの希望者が集まりやすいので、どのくらいの知名度を誇っているかは最重要ポイントとなっています。
年齢層も重要であり、仮に20代の方を採用したいと企業が考えているならば20代の方が多く登録しているサイトを使うのが普通です。

その為、30代の方の場合は、同年代の方が多く登録しているところを探すのも手となっています。
他にサイトによって得意としていることは違うので、その辺りも含めて判断すると良いでしょう。
更新履歴