エグゼクティブ転職

MENU
キャリアという言葉は良く使われます。
キャリアアップや、ノンキャリアなどはその中でも良く使われる言葉ですが、職歴や実績といった感じの意味合いで使われることが多めです。

キャリア転職という言葉も存在しており、この場合は年収をアップさせる為に転職を行うという意味合いがあると考えて問題ありません。
業種を変える選択肢もありますが、その場合には新たな勤め先で活躍出来る保証がないのがネックとなります。

また、違う業種ではなかなか評価されず、そもそも話が纏まらないケースも珍しくはありません。
その為、基本的には同業他社か、現在の仕事や持っているスキルを活かすことが出来る仕事を選ぶケースが多めです。

例えば、現在はプログラマーやとして働いている方の場合、同様にIT業界に留まる事例が多めとなっています。

プログラマーとして働いていた方が、金融業界や総合商社、専門商社に鞍替えすることは難しく、厳しい道なのは間違いありません。
所有しているスキルや希望する仕事によって結果は変わってきますが、年収をアップさせたい場合にはシステムエンジニアを目指すのが一般的となっています。
SEとプログラマーでは必要なスキルが異なるものの、全く違う業種に挑戦するよりは成功の可能性が高いのは確かです。
なかにはWEBプログラマーを目指す人もいます。

一方で、同業種であっても必ずしも鞍替えが上手くいかない職業も存在しており、デザインなどのクリエイティブ系は同業種であっても転職が困難な場合があります。

やはり、クリエイティブ系の仕事では実力が求められるので、年収をアップさせる求人が見つかるとは限りません。
むしろ、クリエイティブ系の仕事の場合には全く異なる業種で活躍の場が与えられるケースも存在しています。
どちらに分類されるにせよ、転職サイトのスカウトを利用することで条件の良い会社を探すことが可能です。
コンサルタントになりたい場合などは、通常のやり方が通用しない可能性が高く、本当に実現可能なのかの判断を含めてきっちりと戦略を立てなければいけません。

そして、同様に通常のやり方が通用しない可能性が高いのが、ノマドと呼ばれる働き方です。
ノートパソコンを始めとするIT機器を利用することでオフィス以外の箇所でも働くのがノマドとなっています。
フリーランスとはまた異なっているものの、一般的な会社勤めと比べるとフリーランスに近いのは確かです。
どこの会社でもノマドワーカーとして働けるわけではないので、IT業界以外だと厳しいのは間違いありません。