30代転職のリスク

MENU

家庭や人間関係のリスク


30代はまだまだやり直しが効く年齢ですが、それでも20代と比べるとリスクが高めなのは確かです。
30代の方が転職を行いたいと考えている場合、最も注意しなければいけないのが転職先で受け入れられないなどの理由で退職に追い込まれるパターンとなっています。
当然ですが、仕事を辞めてしまうと給料、年収もゼロになってしまいますので、新しい会社で働く場合には失敗は許されません。

しかし、実際には元々いた会社とのギャップから周囲と上手くいかない、仕事が上手くいかないというケースも非常に多くあります。
それでも働き続ける選択肢もあるものの、上手くいかないので辞めてしまうケースも珍しくはありません。

仮に仕事を辞めてしまったのならば正社員求人をチェックしていく必要に迫られますが、焦りから上手くいかず就職できないと悩んでしまうケースも多めです。

また、30代の方ならば結婚していて妻や子どもがいらっしゃる方も多いものの、この家族の存在も転職の際には足枷となってしまう可能性があります。
仮に家庭を持っていない方ならば、新しい会社で自分自身を試したいと感じた場合にすぐ実行に移すことも可能です。
勿論、実際にはそのように簡単に転職を決断出来るケースは稀ですが、家庭がある場合には、迷惑をかけられないとプレッシャーがかかりやすいのは確かとなります。

家族がいることで精神的な余裕が生まれる場合も多いものの、思い切りの良さは失われる可能性が高めです。
特に妻が妊娠中である場合には、転職をしたいと感じていても妻や親に反対されてしまうことも多く、これもリスクの一種と考えて問題ありません。

家族がいるけれども転職を行いたい場合には、どのような理由で現在の会社を辞めたいのか、転職を成功させる為の策はあるのかなどをしっかりと説明して、納得させるだけのロジックが必要です。

また、30代ならではのリスクとして、新しい会社では年下の先輩と付き合わなければいけない点が挙げられます。
この辺りは会社の社風によっても異なっているものの、年下であっても先に会社に入った方を先輩とする傾向が強いのは確かです。
そのようなことを全く気にしないならば問題はありませんが、年下の方に何かを教わるのが苦痛に感じてしまうならばトラブルの元になってしまいます。

30代ならば経験を積んでいると判断されるので、すぐに結果を求められる傾向もあり、仕事が上手くいかない場合のプレッシャーで疲れてしまうこともあるでしょう。

30代はやり直しが行える


男性の場合は派遣社員として働くのが躊躇われる点も、デメリットとなっています。
女性の場合は派遣社員として働いていてもそれほど違和感がありませんが、逆に男性だと派遣社員を嫌がる方が多めです。
その為、仮に転職に失敗してしまい、現在の会社を辞めてしまった場合には繋ぎの仕事が見つからないことも珍しくはありません。

転職や求職活動の際にはプレッシャーから疲れたと感じてしまいやすく、体調などに影響が出る可能性もあります。
ですが、30代の男性が転職を行う場合のメリットもあります。それは、20代と40代の中間に当たるという点です。

20代の方の場合は、その将来性を期待して採用することが多く、また体力なども充実しているのが特徴となっています。
一方で40代の方は社会人として経験を積んでいるので、即戦力として見られるのが普通です。

しかし、40代の方が更に成長すると期待している方は少なく、伸び代はないと捉えられてもおかしくはありません。
その為か、40代になってしまうと異業種に転職することは不可能に近く、これがデメリットです。

それに対して30代の場合は、20代と40代の良いところを併せ持っているので、選択肢も十分にあります。
当然、本人のスキルややる気などに左右されるものの、30代ならば異業種に挑戦することも十分に可能です。

また、20代の頃と比べると体力が衰えてくる方が殆どですが、それでも転職活動に支障をきたすことは殆どありません。
30代の転職は、今後の仕事の方向性を修正することが可能なラストチャンスとなっています。
40代に突入してしまうと、他の業界に飛び込んでいくことが非常に難しく、現在行っている仕事をずっと続けるケースが多めです。

現在の仕事に不満がないのならばそれでも問題はありませんが、本当にこの仕事を続けていくのが良いのか迷っている場合は転職に挑戦してみるのも1つの手となります。

異業種にチャレンジするのではなく同業他社への就職を目指す選択肢もあり、何を重視するかは重要なポイントです。
給料が良いところを選ぶ、社内の雰囲気が良いところを選ぶ、やりたい仕事から選ぶなど重視するポイントは人それぞれとなっています。
全てを満たしている会社はなかなかなく、仮にあったとしてもそこに入社出来るとは限りません。

その為、どの要素が自身の中で最も重要か、重視したいかをしっかりと決めておく必要があります。
そこがぶれていなければ、結果に繋がりやすいでしょう。